2020年度JBCFカレンダー(東日本地区レース大幅減)代替えのひとつとしてぜひ福島へお越しください#1

最終更新: 1月12日


昨日JBCFカレンダーが発表になりましたが、東日本地区のレースが大幅減(特に栃木県のレースが宇都宮だけ、前橋クリテリウムもなくなりました)楽しいレースだっただけに大変残念です。全般的に公道レースも大幅減、群馬CSC、舞洲、広島などいわゆるクローズドが増えています。お金もかからずコース管理も楽なクローズドは主催サイドにとっては良いかもしれませんが(利益が出ますし)走る方にとっては魅力減に思います。 2020年度はJBCF登録しない予定 ですが、LinkTOHOKUとして東日本地区のレースに出ようと思ったら群馬をのぞけば「宇都宮、石川、南魚沼の3レース」 東日本地区は今年特に寂しいと思ったのではないでしょうか。



  2020年度も福島県内を巡る公道ロードレースシリーズ ツール・ド・ふくしま実施します。代わりのレースの選択肢の1つとして 検討頂くのはいかがでしょうか 【ツール・ド・ふくしま公式サイト】 今まで管理が主催者ごとバラバラでご迷惑をおかけしため、2020年度は全ての面で弊社で介入させてもらいまして  旧サイト  https://tour-de-fukushima.com/ から別ドメインを取得しまして 新サイト  https://tour-de-fukushima.jp/

各種規定やルール、方針などもまとめさせていただきました(全体管理:福島民報社も承認) 【セールスポイント1】 福島県内で7開催地、2daysを含む 合計9レースはオール公道です https://tour-de-fukushima.jp/result/ ※参加賞なども地場の飲食や温泉入浴券など 地域に触れるものです 4/25-26 第1戦ツール・ド・かつらお 2days

初日 11kmコースでロードレース、個人タイムトライアル11km 2日目 1周28kmの本格的なコースでロードレ-ス ※各レースの優勝の他、3種目出た方の総合部門を競います 昨年は中央大が暴れました! 5/30-31 第2戦まだ名前を言ってはいけないHC 2days

初開催です。主催者の都合で2月半ばまで情報公開は出来ませんが 福島を代表するコースで14kmと、国内最長となる32kmのヒルクライムを実施です。 ※場所が想像がつく方も ハリーポッターのヴォルデモートと同じく 期日が来るまで名前は決して言わないようにお願いします(笑) 7/11 第3戦小野こまちサイクルロードレース

1周約10kmの公道ロードレースです。小野ICからも近く、7月12日は同福島県石川町でJBCF石川ロードレースがありますので、JBCF参加者はぜひ前日足慣らしを兼ねてご参加ください 距離は上級は80kmから20kmとレベルに合わせて実施します。 8/30 第4戦あぶくま洞ヒルクライム

福島を代表する観光地あぶくま洞を舞台に実施する 1日で別コースのヒルクライムを2本走って合計タイムで競う(コース特性とタイム差を考えながら走るHC)です。このレースは1レースごとにポイント計算となるため、1日で2レース分獲得できる年間個人総合を狙う方は欠かせないレースでもあります。 第5戦 9/6裏磐梯スカイバレーヒルクライム

第6戦 11/3または8 ジロ・デ・シラカワ

福島の自転車の総本山白河市で 駅前を封鎖しておこなう貴重なクリテリウムです。今年は10月開催ではなく11月開催3日または8日の予定です 11/15 第7戦 ツール・ド・はなわ

ツール・ド・ふくしまの最後を飾る公道レースです。昨年は那須ブラーゼンも参加 と、福島県内だけのオール公道レースです。これとは別に試験的に 只見町で 日本最長クラスとなる公道個人TT 28kmも10月に検討中です。 レースランクの適正化(カテゴリ詐欺軽減)、強い人だけが賞金ではなく、誰もが参加できて賞金10万円のチャンスがあるチーム戦の説明などは #2 へ続きます。


515回の閲覧