MCタブチン:レースを作る側にまたってみた動画&交通規制の現状裏側

タブチンこと 田渕君幸 さんに ツール・ド・はなわでMCを担当していただきました。 ダイジェスト動画をぜひ御覧ください。

今回テーマがありました。レースの裏側を他の方にも知っていただきたい(特に状況を知らないビギナーの方にわかりやすい動画)そして、タブチンと同じくらいの世代が「現場」を仕切るようになれば 自転車業界の将来も明るくなる。 動画がありますので文章は手短に。


【交通規制の裏側】もここで少し。 自転車レースのために「交通規制」を行うためには多大な手間暇をかけて諸問題を1つ1つクリアしていきます。開催地→自治体→道路管理者→管轄警察署長というプロセスを経てようやくレースとなるわけですが


平穏に見える現場も、実は毎回トラブルの連続です。


それはなぜか?と言うと「多数の人が関わるからです」

何当たり前のことを言ってるの?と思うかもしれませんが  「交通整理は、たった1人が致命的なミスをすれば 死につながります」


交通規制はランクに合わせて

重要箇所 交通課の警察官 またはプロ警備員(警備2種)


一般箇所 ほとんどが開催地の協力者(交通安全協会や、地元役場の方、無償ボランティア)


とわけます。日本では、完全に封鎖できる例は少なく ほとんどがレースの最後尾が通過したら 規制は解除(いわゆる普通にサイクリングとして車道を走る状態 車も通ります)というのが一般的です。


もちろん、時間規制の開放・通行止めは一般箇所の方には させられませんので 交通課の警察官またはプロ警備員が行いますが


重要箇所の警察官や、プロ警備員であっても ミスは人間ですから必ず起きてしまいます。


ツール・ド・ふくしまシリーズでも 【6月藤沼湖クリテリウム】 レース開始直後、本来車が対向しない時間帯に 車が選手と対向で下ってきて あわせて 競技車両でブロック ということがありました。


これはプロ警備員の「勘違い」が原因。プロ警備員と言っても自転車レースの経験がなければ「レースの規制」という概念が充分理解できずに起きた事例でした。

もちろん、中止してもやむなしの土砂降りだったので無線が不充分だったのかもしれませんが 一般の参加者からすれば 何がおこったの?と思いますし えっ?訓練されたプロ警備員がそんなことするの?と思うと思いますが 実はプロ警備員も前半のレースではかなりの確率でミスをします。


【ツール・ド・かつらお】

1周約30km、そして信号があるため 信号箇所は「民間の人間が対応できず」交通課の警察官が開放・封鎖を状況を見て行いますが ゴールエリア でこれから選手が向かってくるところであやまって車を通してしまう ことがあり これも MOTO審判が事前にチェックして 防ぎましたが 交通整理のプロでも 必ずミスはある という前提の元に動かなければならないのが 公道で選手を守るためには 欠かせません。


と、常に何かトラブルが起きる。そして「ミスはだいたいレース前半に起きる」ことが経験が豊富な場合 学んでいるために


先週のツール・ド・はなわ でも

レースの本体が来る前に「見回り」を用意して事前に防ぎことなきを得ました


(通常の車列) エスコート(何か事前に発見)=COM2(レース先頭)=選手=COM1と続くのですが


公道の場合 エスコートだけでは防ぎきれないことも充分に考慮しなければならず

エスコートにさらに数分前に(危険回避車両)を設けるのが有効な策と考えています。


ツール・ド・はなわの具体例


レース前半は何かが起きることが多いので危険回避車両をレース本体が来る前に走らせましたが


国道349号の封鎖箇所でジープがプロ警備員の制止を振り切り コースに侵入してきました。危険回避車両のクラクションでスピードをゆるめた瞬間に車を振り切るという悪質ぶりで止まらず 無線連絡で 対抗で車が向かったのでブロックを頼みますと連絡し なんとか回避。これが突然来たら 最悪の場合 選手と衝突も起こりえます。


ドライバーは、言葉が悪いかもしれませんが 「頭のおかしい人」は 最近のあおり運転が問題となっているようにゼロではありません。


それでもかろうじて防げるラインを守り続けねば、先はないので 毎回両脇に汗をかきながら レースが終わるまで、おそらく普通の人では気が参る緊張感(参加者の命を預かっているので)を味わいながら(あまり味わいたくはないですが)最終走者がゴールするまで見守ります。 そして落車がゼロ=傷病者ゼロ が確認されるのが 何よりうれしいことです。 2019年度の自転車レースの競技統括は11月で終わりですが 11月3日 山中湖サイクリングクラシック http://www.yamanakakocyclingteam.fr/classic/ 11月17日 ツール・ド・はなわ https://tour-de-fukushima.com/hanawa/


と競技統括を預かった2レース いずれも落車ゼロ・傷病ゼロ で終えることができて本当にほっとしています。皆様のご協力のおかげです。ありがとうございました。

300回の閲覧